安田美穂子(ヴォーカリスト)

神戸女学院大学音楽学部声楽専攻科卒業。同大学研究科修了。
高校時代、毎日学生コンクール西日本大会で入選する。
教職を経て音楽活動の中から讃美歌歌手へと導かれる。
讃美歌の他にも、ミュージカル、童謡、アニメソングなど、幅広いレパートリーで聴衆と一緒に楽しむことを心がけており、茶目っ気たっぷりの明るいキャラクターと、ユーモアに富んだ語りに定評がある。
しかし何よりも、クリスチャンならではの深く祈りの込められた賛美の音楽を通して、神様からのメッセージが、聴く人々の心の奥底まで伝わることを願いつつ、演奏活動を続ける。
医師であった亡き夫の励ましから、「一人でも沢山の方に讃美歌を歌い伝えたい」との思いを強められた。
3人の子供たちの母親、夫が残した医療法人事業の継承者、音楽指導者としての働きを抱える。
そんな多忙な生活の中でも、神様を見上げて賛美する姿は、人々に感動を与えている。
東日本大震災の後は、東北の被災地を度々訪問し、その歌声が多くの人々の慰めとなっている。
現在発売中4枚のCD「wings of angel」1と2…安らぎの音楽・心の癒し「あしあと」…リクエスト曲集”スノードロップ
「蓮の花の広い葉っぱにこぼれる真珠の水滴にも似た彼女の歌声は神様からの{よき音づれ(ゴスペル)とも言えましょう。」

ハートをクリックすると、お気に入りに登録出来ます